アボルブカプセルの効果と特徴について

アボルブカプセルというお薬は、2009年に前立腺肥大の治療薬として発売されました。
男性ホルモンに作用して、前立腺肥大症や、それに伴って生じる排尿困難・残尿感・頻尿などの症状を改善させる働きがあります。

他の前立腺肥大症のお薬と違う点として挙げられるのは、男性ホルモンを低下させる作用があり、
それによって前立腺の肥大に直接的な効果を期待できるお薬だという事です。

こちらではアボルブカプセルがどのようなお薬で、どんな方に向いているお薬なのか、また効果や副作用等について、詳しく解説いたします。

アボルブカプセルの特徴

アボルブカプセルの最も大きな特徴と言えるのは、男性ホルモンに作用して前立腺肥大を直接改善させる効果があるということです。

他の前立腺肥大症のお薬は、排尿症状を改善させることが目的となっています。
それはあくまで対処療法であり、一時的に症状が改善されているだけですが、アボルブカプセルは、肥大した前立腺を縮小させるという、直接的な作用があります。

前立腺が肥大する原因については、まだ全容は解明されていない状態ですが、男性ホルモンが関わっているということは間違いないとされています。
ですから男性ホルモンに作用するアボルブカプセルによって、前立腺肥大を改善させ、それによって前立腺肥大に伴う諸症状も改善することが期待できるのです。

アボルブカプセルは具体的に言うと、5α還元酵素阻害薬と呼ばれるお薬です。
これはその名の通り、5α還元酵素の働きを阻むことによって、男性ホルモンの働きも低下させます。
男性ホルモンの働きが弱まることによって、肥大した前立腺が縮小し、それによって排尿障害も改善されます。

尚、男性ホルモンの働きを弱める事によって、前立腺肥大症以外への効果も期待できるとされています。
例えば、男性ホルモンに影響されて起こる男性型脱毛症(AGA)などにも、効果があるのではないかと言われ、現に研究結果も発表されています。
しかし現在のところ、アボルブカプセルの保険適用は前立腺肥大症のみであり、男性型脱毛症には適用されません。

また男性ホルモンを弱める事で副作用が生じる可能性もあります。
具体的には性欲の低下や勃起不全などが起こる可能性があります。
さらに万一子どもや胎児にアボルブカプセルが影響してしまう事があった場合には、成長過程に異常が現れてしまう可能性があります。
このお薬は皮膚からも吸収されますので、妊娠中の方や子どもが誤って直接触ってしまう事がないように、取り扱いには注意する必要があります。

もうひとつの注意点としては、アボルブカプセルを使用することで、前立腺を縮小させると、もし前立腺がんがあった場合に、見つかりにくくなってしまうという事があります。
PSAという前立腺がんで上昇する腫瘍マーカーがあり、その値を測定する事で前立腺がんの発見に役立てますが、アボルブカプセルを服用すると、この値も低下させてしまうのです。

ですからアボルブカプセルの服用を開始する前には、前立腺がんがないかどうかをしっかり検査する必要があります。
さらに服用を開始してからも、定期的にPSAの値以外で前立腺がんがないかどうかの検査をするようにして下さい。

またアボルブカプセルは即効性があるお薬ではありません。
男性ホルモンを弱めてもすぐさま前立腺が縮小するわけではなく、効果が現れるまでにはおよそ6か月程度の期間が掛かると考えられています。

これらの事をまとめると、アボルブカプセルの特徴は次のようになります。

  • 男性ホルモンを低下させる作用によって、肥大した前立腺を縮小させる
  • 男性ホルモンを低下させるため、性欲低下などが生じることがある
  • 効果を得られるまでには約6か月程度かかる
  • 妊婦や子どもが触ると危険
  • PSA値を下げてしまうので、前立腺ガンをみつかりにくくしてしまう

アボルブカプセルはどのような疾患に使用するのか

アボルブカプセルの添付文書によると、効果効能は「前立腺肥大症」です。
男性ホルモンを弱めることによって、通常の状態より肥大した前立腺を縮小させます。
その効果によって、前立腺が肥大する事で起こっていた排尿に関する症状を改善することが期待できるのです。

前立腺肥大症というのは、前立腺が肥大してしまう疾患で、その原因としては加齢・高血圧・高脂血症・遺伝などの影響などが挙げられます。
その中でも特に男性ホルモンの影響が大きいとされています。
また、高齢者に前立腺肥大症の患者が多い事から、加齢の影響も大きいようです。

前立腺というのは前立腺液を生成する男性のみにあるため、前立腺肥大症というのは男性特有の疾患となります。
前立腺が位置するのは尿道の周りであるために、前立腺が肥大して尿道が圧迫される事で、尿が出にくくなったり、膀胱に尿が残って残尿感を感じる、逆に膀胱が刺激されて頻尿になる、などの排尿障害が起こります。
アボルブカプセルを服用することで、肥大した前立腺を縮小させますので、それらの様々な症状が改善されることが期待できます。

アボルブカプセルの作用とは

アボルブカプセルは5α還元酵素という酵素を阻害するお薬です。
この酵素の働きは男性ホルモンのテストステロンを、DHTに変えることです。
DHTはテストステロンと比べて、強い男性ホルモンです。
アボルブカプセルを服用することでDHTに変換されなくなれば、男性ホルモンの働きは弱まることになり、前立腺の肥大も防げるという仕組みです。

前立腺が肥大する原因は様々あるようですが、その中でも男性ホルモンの影響が大きいとされています。
その理由としては、去勢する事で男性ホルモンの分泌がなくなった男性や、下垂体機能不全で男性ホルモンの分泌が少ない男性において、前立腺が肥大が生じることはほぼないということが挙げられます。

ですから、男性ホルモンを弱めるアボルブカプセルには、前立腺の肥大を縮小させる作用があると考えられるのです。
ただし、薬の服用を中止すると元に戻ってしまう可能性もあります。

アボルブカプセルの副作用

アボルブカプセルは男性ホルモンを弱めるため、その事による副作用が生じる可能性が考えられます。
比較的多く報告される副作用は次の二つです。

  • 性欲低下
  • 勃起不全

さらに男性ホルモンが低下する事によって、相対的には女性ホルモンが高くなるため、乳房障害が出ることがあります。
これは女性のように乳房が膨らんできて痛みや不快感などを感じるというものです。

またアボルブカプセルは肝臓で主に代謝されるものなので、肝機能障害が生じる可能性があります。
血液検査によってASTやALTなどの肝臓酵素の値が上昇することが報告されています。
元々肝機能に障害がある方は服用には注意が必要ですので、主治医にしっかりと伝えるようにして下さい。

またごくまれに次のような重い副作用が出る事もあります。

  • だるい
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 発熱
  • 発疹
  • かゆみ
  • 皮膚や白目が黄色くなる
  • 尿が茶褐色

このような症状がでた場合には、服用を中止して早急に医師の診察を受けて下さい。

アボルブカプセルの用法・用量

アボルブカプセルの剤形は「アボルブカプセル0.5mg」のみの一種類です。
使用方法は、成人で0.5mgを1回2錠、1日1回服用する事となっています。
食事の影響はほぼ受けないため、空腹時でも食後でも自分の都合の良い時間に服用が可能です。
カプセルを噛んだり、開けたりせずにそのまま服用して下さい。

アボルブカプセルが向いている人

ではアボルブカプセルが向いている人と言うのは、具体的にどのような方なのでしょうか。
アボルブカプセルの特徴について、もう一度確認してみましょう。

  • 男性ホルモンを低下させる作用によって、肥大した前立腺を縮小させる
  • 男性ホルモンを低下させるため、性欲低下などが生じることがある
  • 効果を得られるまでには約6か月程度かかる
  • 妊婦や子どもが触ると危険
  • PSA値を下げてしまうので、前立腺ガンをみつかりにくくしてしまう

この特徴によると、まず排尿障害など早急に改善しなければいけないような症状がない方で、時間を掛けて前立腺の肥大を治していきたいと考える方に向いていると言えます。
また他の前立腺肥大症とは違ったメカニズムのお薬なので、他のお薬を使用して、効果が見られなかった方も試してみる価値があるお薬と言えます。
ただし前立腺がんを見つけにくくしてしまうため、前立腺がんを発症するリスクが高いような方は、慎重に使う必要があるお薬と言えます。

また飲み合わせの悪い薬がありますので、元々使用している薬がある場合には、医師に申し出る事を忘れないようにして下さい。
飲み合わせに注意が必要なお薬は次の通りです。

  • HIVプロテアーゼ阻害薬
  • マクロライド系抗生物質のクラリスロマイシン・エリスロマイシン
  • アゾール系抗真菌薬のイトラコナゾール

アボルブカプセルの薬価

アボルブカプセルの薬価はどうなっているのでしょうか。
薬価は2年に一度改定されますが、2017年7月現在のアボルブカプセルの薬価は次の通りです。

  • アボルブカプセル0.5mg : 206.5円