アルカボースについて

アルカボースは食後の血糖値が上昇するのを抑えるお薬になります。
糖尿病の患者さんの治療に用いられます。

アルカボースの作用

血液に含まれる糖分の血糖は、すい臓から分泌されるインスリンと言うホルモンによって調整されています。
このインスリンの分泌量が不足したり働きが悪くなる事で血糖値が多くなってしまう病気が糖尿病です。
糖尿病をそのまま放置していると、神経障害や目の網膜症、腎臓病などの合併症を引き起こすことになり、足を切断しなくてはいけなくなったり失明の危険の他、最悪の場合は死に至ってしまう事もある病気です。

こちらのアルカボースと言うお薬は、腸からの糖分吸収をゆっくりと遅らせることによって、食後に急激に血糖値が上がるのを抑えます。
これは小腸の粘膜に存在しているaグルコシータゼと言う酵素の働きを阻害する事によります。
aグルコシータゼは砂糖や炭水化物をブドウ糖に分解する役割をしていますが、働きを阻害しこの分解が遅れるので、結果体内に吸収されるのも遅くなるのです。
インスリンの分泌も少なくて済むために、すい臓の負担も減らすことができます。
日々の血糖値を正常に保ちますので、合併症の予防にもつながります。

アルカボースの特徴

「aグルコシータゼ」または「食後過血糖改善薬」と呼ばれる事もあり、従来の血糖降下薬とは違う新しいタイプの糖尿病治療薬になります。
直接血糖降下作用はないので、SU薬などの他の血糖降下薬と併用して使う事が多くなります。

アルカボースの注意点

アルカボースを服用する前に知っておくべき注意点についてご説明します。

診察時

  • アレルギーや持病があれば医師に伝えてください
  • 妊娠、またはその可能性がある方は医師に伝えましょう
  • 食欲がない、下痢をしている、発熱などの体調が不調であればその事も伝えてください
  • 現在服用している薬があれば申し出てください
  • 副作用や注意事項などについてよく説明を受けましょう。
  • 体調が悪い時に薬を飲む際のルールについて、家族も含めよく理解しておきましょう
  • 治療中に低血糖になった場合は、必ず医師に報告しましょう
  • 注意が必要な人

    次のような人は慎重に用いる必要があります。

  • 腸閉塞や腸に癒着のある人
  • 胃腸の手術後の人
  • 肝臓や腎臓の悪い人
  • 高齢の人
  • 尚、重症ケトーシスや糖尿病性昏睡あるいは重症感染症、または妊娠中における高血糖、それに重い感染症や外相のある患者さん等には、こちらのような飲み薬ではなく、インスリンの注射薬を用いた治療が必要になります。

    飲み合わせや食べ合わせ

    治療方針により他の血糖降下薬も併用するような場合には、低血糖に注意する必要があります。
    また以下のような薬は血糖降下作用に影響を及ぼしますので、使用前に医師に使っている薬について忘れずに報告してください。

  • 血糖降下作用を高める … 他の血糖降下薬・降圧薬・フィブラート系高脂血症治療薬・ワルファリン等
  • 血糖降下作用を弱める … ステロイド薬・甲状腺ホルモン薬等
  • またアルコールは血糖値を乱れさせ、低血糖を誘発する可能性もあるためできるだけ控えた方が良いでしょう。もしどうしても飲みたいと言う場合には医師に相談してください。

    使用方法

  • 食事の直前に服用します。飲み忘れたら食事中でも飲むようにします。食後時間が空いてしまうと効果はありません。また食事を摂らない時も飲む必要はありません。
  • 排便回数が増えたり、お腹がゴロゴロする事がありますが通常身体が慣れれば軽減します。
  • ガスが増える事がありますが、仕事などに支障が出る場合には医師に相談して下さい。
  • 他の血糖降下薬と併用する場合には低血糖に十分注意し、もし低血糖の症状が現れた時には、すぐに病院から渡されているブドウ糖を摂取してください。
  • 万が一、一人の時や外出先等で重い低血糖症状が出てしまった時に備えて、糖尿病手帳やカードを常に身に着けるようにすると良いと思います。
  • 低血糖には注意することは大切ですが、必要以上に恐れて血糖値を高いままにするのは良くありません。
  • 検査

    このお薬を服用中は、血糖値及びHbA1Cその他の必要な検査を定期的に受けて、効果や副作用をチェックすることが必要になります。

    妊娠中

    妊娠中は飲み薬ではなくて、インスリンの注射薬で治療を行います。

    その他

    このお薬を飲んでいる時も、食事療法や運動療法もしっかり続けてください。
    低血糖によるめまいやふらつきが起こったり、意識障害が起こる可能性もあるので、車の運転や高所での作業には十分な注意が必要です。

    備考

  • 2型糖尿病の患者さんに最も大事なのは食事療法や運動療法になります。
    アメリカで「糖尿病予防プログラム」が行われ、その重要性がはっきりと示されました。
    糖尿病予備軍の人(IGT)を3つのグループに分けて試験しました。
    ひとつ目のグループは偽薬(プラセボ薬)を飲み、2つ目のグループには糖尿病治療薬のメトホルミンを飲んでもらいます。そして3つ目のグループには食生活を改善し運動療法を取り入れた時、この3つのグループの中で、最も糖尿病の発症予防効果があったのは3つ目の食事療法、運動療法をしたグループでした。
  • 2型糖尿病や境界型の患者さんには、まずは食事療法や運動療法から開始してもらいます。主治医や栄養士などとよく相談して、自分に合った方法でまずは続けることが大切です。これらの療法によって血糖値が下がれば薬は必要ありません。しかし血糖値が下がったとしても十分でない場合には、薬物での治療をする必要があります。尚、薬を使い始めたとしても食事療法や運動療法は続けるようにして下さい。
  • メトホルミン以外の飲み薬によって、重い合併症を防いだり延命効果があるかどうかについては、実際の十分な効果結果が確認はされていないようです。
    しかしインスリン注射で血糖値を厳格にコントロールすれば、網膜症や腎臓病などの重い合併症が減る事はすでに証明されています。ですから2型糖尿病の方でも、医師からインスリンでの治療を勧められた場合には積極的に受け入れるようにした方がよいでしょう。
  • アカルボースの効果と副作用について

    アカルボースは糖尿病の治療薬として、1993年から販売されているお薬で、2010年からはアカルボースOD錠(口内崩壊錠)も販売されています。

    数ある糖尿病を治療するお薬の中で、アカルボースの種類は「αグルコシダーゼ阻害薬」に分類されます。
    この種類のお薬は、食べ物の中の糖分が腸から吸収されるのを抑制し、それによって血糖の上昇を抑え糖尿病を改善します。

    沢山ある糖尿病の治療薬の中で、アカルボースの特徴とは何か、またどのような症状の方に向いているのか、こちらで詳しく解説していきます。

    アカルボースの特徴

    アカルボースの特徴についてご紹介したいと思います。
    アカルボースは食べ物に含まれている糖分を腸が吸収する際に、ゆっくりと吸収するようにすることによって、血糖の上昇を抑えます。
    アカルボースを含むαグルコシダーゼ阻害薬は、すべてこの腸からの糖分の吸収を穏やかにしてくれるという作用を持っており、それによって糖尿病の改善が期待できます。

    時々これらのお薬を、腸から糖分を吸収させないからダイエットに効果があると勘違いされる方がいますが、あくまで糖分の吸収を穏やかにするだけで、最終的には吸収されます。
    ですから摂取カロリーはかわらずに、ダイエットにも効果はありません。

    アカルボースの効き方は穏やかで、急激に血糖を下げるという事はありませんが、その分安全性に優れています。
    糖尿病の薬には、まれに血糖を下げすぎて低血糖になってしまう危険があります。
    ひどい低血糖になってしまうと、意識障害が起きたりケースによっては命に係わる事にもなりかねません。
    しかしアカルボースにはその危険性はありません。
    なぜならアカルボースは血糖を下げるお薬ではなく、糖分の吸収を穏やかにするというお薬だからです。

    何種類かあるαグルコシダーゼ阻害薬は、それぞれ大きな差はありませんが、特徴は次の通りです。

    アカルボース

    • αグルコシダーゼ以外にもαアミラーゼも阻害するため作用も副作用も多い
    • 他の薬より便秘になることが多い

    ベイスン

    • 保険上、糖尿病の予防に唯一使用できる薬
    • 効き目が穏やかで、副作用も少ない
    • 体内にほとんど吸収されないため、唯一妊婦でも使えるαグルコシダーゼ阻害薬

    • 体内に多少吸収されるので、肝機能や腎機能の障害が他の薬よりも起きやすい
    • 即効性に優れていて、食後1時間の血糖の上昇を抑える作用がある
    • αグルコシダーゼ阻害薬の中で最も効果は強い
    • 他のαグルコシダーゼ阻害薬と比べて下痢になることが多い

    これらのことからアカルボースの特徴は次のようにまとめられます。

    • 腸で糖分を吸収するスピードを緩やかにする
    • 一番最初に発売されたαグルコシダーゼ阻害薬である
    • 糖尿病を改善させる効果は弱め
    • αグルコシダーゼ以外にαアミラーゼにも作用する
    • αグルコシダーゼ阻害薬の中では便秘も生じやすい

    アカルボースを使う疾患とは

    アカルボースはどのような疾患に用いる薬なのか、具体的に見ていきたいと思います。

    効能・効果

    • 糖尿病の食後過血糖の改善

    アカルボースは腸から糖分が吸収するスピードをゆっくりにするお薬なので、糖尿病の患者さんの中でも、特に食後の血糖値が高くなる方に用いることが多くなります。
    食後の血糖値を改善すれば、糖尿病自体も改善させるということはすでに確認されています。

    ただし、血糖値が高いからと言っていきなり薬を飲むのではなく、まずは食生活の改善や運動を生活に取り入れるなどを試してみて、それでもどうしても下がらなければ、薬を飲むことを考えるというのが大切です。

    それはこのお薬だけに限ったことではなく、身体の不調が起きた時には、まずは生活習慣を見直してみることが必要だと言えます。

    食後の高血糖を改善する

    アカルボースは、糖尿病の治療に用いられるお薬です。
    糖尿病というのは、血液中の血糖値が高くなり過ぎてしまう疾患です。
    血糖値が高い事がどのような問題を引き起こすのでしょうか。

    糖分は人間が生きていく上でエネルギーとなる重要な栄養素のひとつですが、多すぎると身体にとって毒になってしまうのです。
    血管を痛めてしまって心筋梗塞や脳梗塞になりやすくなってしまったり、腎臓や神経、眼などを傷付けて、腎不全・神経障害・白内障などの原因となったりします。

    高血糖の状態が続いていると、身体の各臓器では少しずつ障害が進みます。
    自覚症状を最初は感じませんが、数年から十数年かけてゆっくり傷付けます。
    さらに恐ろしいことに、そのようにして傷ついた各臓器は、その後からいくら高血糖を改善しても、もう元の状態に戻ることはありません。
    もし糖尿病が原因で腎不全になって透析が必要な身体になってしまった場合には、もう一生それを続ける必要があるのです。
    それを防ぐために、臓器が傷つく前に血糖値を正常に戻す必要があります。

    ではアカルボースはどのような仕組みで、血糖値を正常化して糖尿病を改善するのでしょうか。
    アカルボースの主な作用は、小腸にあるαグルコシダーゼという酵素の働きを抑えるというものです。

    αグルコシダーゼにはいくつかの種類があるのですが、それらは食事で摂った様々な糖分を分解するという働きをします。
    なぜなら糖分は大きいままでは体内に吸収できないためです。
    吸収できる大きさに分解するという役割を、αグルコシダーゼは持っています。

    さらにアカルボースは、αアミラーゼやグルコアミラーゼの働きも抑える働きがあります。
    アミラーゼは、すい臓や唾液腺から出る酵素で、でんぷんを分解する働きをします。
    アカルボースでその働きが抑えられると、でんぷんの糖分が吸収される大きさにまで分解されるのに時間が掛かるようになります。

    ただし全く吸収されなくなるという訳ではありません。
    アカルボースの効き目が持続するのは、約4時間です。
    それを過ぎれば薬の効果は切れ、糖分は分解され吸収されます。
    アカルボースは糖分を吸収しなくさせるお薬ではなく、吸収をゆっくりにさせるお薬なのです。
    その事によって、食後の血糖値の上がり方が緩やかになり、糖尿病を改善する効果があるのです。

    脂質の改善作用

    アカルボースをはじめとするαGIという種類のお薬は、糖の代謝を改善する事によって、コレステロールの値を改善する効果も少しあると報告されています。
    これはあくまで副次的にある作用ではありますが、中性脂肪を下げ、HDLコレステロールを上げる作用があると言えます。

    アカルボースの副作用

    アカルボースの副作用について見て行きます。
    アカルボースをはじめとしたαグルコシダーゼ阻害薬は、基本的には安全性が高いとされており、重篤な副作用はほとんどありません。
    ただし副作用が全くないという訳ではありません。
    アカルボースの副作用は、次のように胃腸系のものが多くなります。

    • 鼓張(腹部膨満)
    • 下痢
    • 放屁

    これはアカルボースが腸で糖分が分解するのを阻害するため、消化されない糖分が腸内の細菌によって分解されて発酵されるからだと考えられています。

    またアカルボースだけを服用している場合には起こすことはまれですが、他の糖尿病の治療薬と併用する事によって、低血糖を起こすケースもあります。
    アカルボースだけを使っていて低血糖になるようなケースでは、ほとんど自覚症状もなく重篤な状態になることはほぼないと言えます。
    アカルボースは他のαグルコシダーゼ阻害薬に比べると、やや副作用を多めな印象です。
    下痢を起こすこともありますが、逆に便秘になることもあります。
    また身体に多少吸収されるため、腎機能や肝機能の障害に注意も必要です。
    さらにごくまれに、高アンモニア血症という重篤な副作用が出るという報告もあります。
    アカルボースは妊婦の方が服用した場合の安全性は確立されていないので、妊娠中は使用できません。

    アカルボースの用法・用量

    アカルボースは次のような剤形が販売されています。

    • アカルボース 50mg
    • アカルボース 100mg
    • アカルボースOD錠 50mg
    • アカルボースOD錠 100mg

    OD錠というのは、口の中にそのまま入れて唾液で溶かす形状のお薬で、口腔内崩壊錠とも呼ばれています。
    水がない状態でも飲めるので、錠剤を飲みこむ力が弱い高齢者の方や、外出先などで服用する機会が多い方などに向いています。

    アカルボースは食事に含まれている糖分の吸収を抑えるためのお薬なので、必ず食前に服用する必要があります。
    ただしもし食前に飲むのを忘れてしまった時には、食後すぐならばある程度効果はあると考えられています。
    食事中であっても飲み忘れに気が付いたら、すぐに服用するようにしましょう。

    アカルボースが向いている人とは

    アカルボースはどのような方に向いているお薬なのでしょうか。

    アカルボースのような種類の薬は、糖尿病に対する効果は弱めではありますが、その分安全性には優れています。
    ただし効果が弱いからと言って、必ずしも軽症の糖尿病の方に用いるという訳ではありません。
    血糖を下げるのではなく、食後の血糖値の上がり方を緩やかにする薬なため、糖尿病の患者さんの中でも、食後に高血糖になる方に特に向いているお薬と言えます。
    便秘が起こる事があるので、元々便秘気味の方は他のお薬を試した方が良いかもしれません。

    薬以外の糖尿病改善方法

    薬を飲む事は病気を治すのに有効な方法ではありますが、特に糖尿病のような生活習慣病と呼ばれるような疾患は、薬だけでなく毎日の生活習慣を見直す事によって改善することが大切であり、薬はその補助的な役割を担ってくれるものだと考えましょう。

    では糖尿病を改善させるためには、生活習慣をどのように気を付ければ良いのか具体的に解説します。

    バランスの良い食事を規則正しく摂る

    朝昼夕の食事を規則正しく摂りましょう。
    朝食を抜いたり、1日1食しか食べないというような不規則な食生活は、糖尿病を悪化させる原因にもなります。

    1日の中では食べる量は同じであったとしても、1食に大量に食べるのと、3食に分けて食べるのとでは、血糖値の上がり方も違ってきます。
    大量に一気に食べると、血糖値は急激に上昇してしまうので、身体にとっては大きな負担となります。

    また食事の回数が少なくなると、どうしても間食が増える傾向もあります。
    間食で摂りやすい飴やお菓子などは糖分が多いので、糖尿病を悪化させてしまいます。

    食事はゆっくりよく噛んで食べましょう。
    ゆっくり食べれば血糖値の上がり方もその分ゆっくりになります。

    食事の内容のバランスにも気を付けてください。
    ここのところ糖質制限が流行っていますが、糖質は生きていく上でエネルギーとして必要な栄養素です。
    極端に減らせば何かしらの弊害が出て来てしまいます。
    推奨されている栄養素のバランスは次の通りです。

    • 炭水化物  : 45~60%
    • たんぱく質 : 10~20%
    • 脂質    : 25~35%

    1人暮らしをしていたりして、バランスを考えた食事を摂ることが難しいような方には、配色サービスを利用するのもお勧めです。
    栄養バランスを考えた冷凍の食事を宅配している業者もありますので、調べてみてはいかがでしょうか。

    野菜を先に食べる

    食事の際に野菜を先に食べて糖質を後で食べると、血糖値の上がり方がゆっくりになるという報告があります。
    それによって糖尿病が改善しやすくなりますので、食事の時には野菜を先に食べるようにしましょう。

    カロリー制限をする

    自分が一日に摂取するべきカロリーを意識して生活しましょう。
    どの位のカロリーを摂取して良いかどうかは、その人の年齢や性別・身長、また活動量によって
    異なります。

    簡易的な計算方法としては、BMI値と身体活動量で求められます。
    BMIというのは、身長に対しての理想体重の事で、次のように計算します。

    BMI=身長(メートル)×身長(メートル)×22

    身体の活動量というのは、日常どの程度身体を動かしているのかで、次のように分けられます。

    • 軽労作:デスクワークが主・主婦など :25~30kcal
    • 中等度労作:立ち仕事が多い     :30~35kcal
    • 重労作:力仕事が多い        :35kcal~

    BMIの数字に身体活動量のカロリーを掛けて出た数字が、1日に必要なカロリーとなります。
    そのカロリーを超えないような食事を心掛ける事が大切になります。
    どうしても甘いものや炭水化物を沢山食べてしまうという方は、カロリーがゼロのスウィーツや低糖質食なども利用しながら、カロリーを制限するようにしましょう。

    適度な運動をする

    血糖値を下げるのは、適度な運動をする事も有効です。
    毎日運動するのが理想ですが、少なくても週に3回程度軽い運動の習慣をつけるようにしましょう。
    ハードな運動をする必要はありません。
    無理をしても続きませんので、自分の出来る範囲で設定しましょう。
    次のような軽い運動でも十分効果はあります。

    • 公園を散歩
    • プールでゆっくり泳ぐまたは歩く
    • スロージョギングやサイクリング

    運動の負荷の強弱よりも、持続するということに意義があります。