ラシックスとは

むくみを取って、血圧を下げるお薬になります。高血圧症や浮腫、または心不全の治療に用います。

ラシックスの作用

心臓や肝臓、それに腎臓の働きが低下すると身体に水分がたまってしまい、むくみを生じてしまいます。
心不全の場合では肺に水がたまってしまい、呼吸が苦しくなる事もあります。
このラシックスと言うお薬は、強力な利尿薬になります。
腎臓に作用し尿量を増やすことで体内にたまった余分な水分を排泄させます。
これは腎臓の尿細管で、塩分と水分が再吸収されるのを抑制して尿量を増やすものです。
それによって血液中の無駄な水分が減り、また血管壁のナトリウムが減る事で血圧が下がります。
これでむくみが取れ、血圧も正常化するので、心臓の負担も軽減し身体が楽になります。

主に浮腫の治療によく使われますが、心臓病・腎臓病・肝臓病によるむくみや女性の生理前のむくみにも使用されます。

ラシックスの特徴

ループ利尿薬と言うタイプのお薬の中で代表的なものになります。
『ループ』と言う名称は、尿細管がループ状に曲がっている部分に作用するお薬なのでつけられました。利尿剤の中でもこのタイプが最も強いお薬です。

ラシックスの注意点

診察時

アレルギーや持病のある方、また何か他のお薬を飲んでいる方は医師に伝えてください。

注意が必要な人

  • 重い腎臓病や肝臓病の方は慎重に使用する必要があります。また糖尿病や痛風は悪化する可能性があります。高齢者も副作用が出やすい事があるので注意が必要です。
  • 肝性昏睡や無尿、または体液中のカリウムやナトリウムが明らかに減少している方はこのお薬に適しません。
  • 飲み合わせや食べ合わせ

    飲み合わせに気を付けなければいけない薬が多数ありますので注意して下さい。

  • 他の降圧剤との併用によって、血圧が下がり過ぎる事があります。
  • 抗生物質の副作用が増強する事があります。
  • 心臓薬ジキタリスと併用すると、効き過ぎによってジキタリス中毒になる事があります。
  • 精神安定剤リチウム(リーマス)と併用すると、リチウム中毒が発現する事があります。
  • SU薬やインスリン注射薬などの血糖降下薬の作用が弱まる事があります。
  • 糖尿病治療薬のSGLT2阻害薬との併用で、利尿作用が増強する事があります。
  • 糖尿病治療薬のメトホルミンと併用すると、乳酸アシドーシスの副作用が出ることがあります。
  • 一部の漢方薬やステロイド剤、グリチルリチン製剤を飲み続けると、低カリウム血症になる事があります。
  • 鎮痛剤との併用で、利尿作用が弱まる事があります。
  • めまいや立ちくらみが出やすくなるので、飲酒は控えて下さい。
  • 使用方法

    通常、朝1回もしくは朝昼2回服用します。尿量が増えるため、夜は服用しません。
    医師に指示された用法用量を守って服用して下さい。

    検査

    定期的に血液検査を受け、カリウム・ナトリウム・尿酸などの値を検査する必要があります。

    その他

  • 尿量が増えるため、外出時には注意が必要です。
  • 血圧の下降によってめまいを引き起こす可能性がありますので、車の運転や危険な機械の取り扱い、または高所での作業などには十分な注意が必要です。
  • 野菜や果物などを多く摂取し、不足しがちなカリウムを補って下さい。
  • 本態性高血圧症においては、生活習慣の見直しも大切になります。減塩を含む食事療法や運動療法を積極的に行いましょう。肥満傾向の方は体重を落とすだけで血圧が下がり、薬をやめられる事もあります。自宅で血圧を測り、血圧のコントロールをすると良いでしょう。